New

道徳と教育を考える会1月例会(隔月開催)

日時 2021年1月17日(日)
10:00~12:00
会場 みやぎ教育文化研究センター
会場の詳細はこちら
参加費 無料
テキスト 当日、配布
内容

江戸期における教育事情を探る

引き続き、江戸期の教育事情について見ていきます。
今回は、これまで学習会のテキスト候補に上がりながらも取りあげられずにきていた、社会学者で日本研究家としても著名なロナルド・ドーアの『江戸時代の教育』をテキストにして学習していきます。

前回の
様子

11月の会は、『宮城懸史11  教育』(1959年  宮城懸史刊行会)、および「養賢堂からの出発』(1986年  大村栄)をテキストに、仙台藩士の子弟を教育するための学問所として設立された「養賢堂」や、県内各地の藩士や郷士など有志により設けられ、藩学と寺子屋との中間的な役割を果たした郷学(有備館、涌谷月将館ほか)、さらに文化文政以降の19世紀前半期から幕末期にかけて最も盛んになった寺子屋教育の実態についてみていきました。