New

ゼミナールsirube 11月例会

日時 2020年11月30日(月)
13:30~16:30
会場 みやぎ教育文化研究センター
会場の詳細はこちら
参加費 無料
テキスト 当日、資料配布
内容

現代教育に大きな影響をもたらしたジョン・デューイの教育思想を、これまで5回にわたって読み合ってきました。今回がデューイについては最後の会となる予定です。太田先生作成のデューイ『経験と教育』の抜萃資料をもとに読み進めます。ぜひご参加ください。お待ちしてます。

なお、かぜ症状など具合の悪い方は、コロナ感染防止の観点から参加はお控えください。また、当日は手洗いやマスクなど各自で感染防止にご協力ください。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

前回の
様子

10月も引き続き、『民主主義と教育』の抜粋資料をもとにしながら、まずは教育内容や教科領域にかかわってデューイがどのような考えを持っていたのかについて読み進めていきました。
具体的には、地理や歴史を学ぶことは何を学ぶことになり、それは私たちの生活や活動に何をもたらし、意味するのか。科学や記号学習の教育は、私たちの生活や経験とどのように切り結んで行われる必要があるのか。また科学と私たちの経験や学習は、どのような関係をなしているのか。
また、学校における自由のあり方を規則や管理との関係を絡めながら指摘し明らかにするとともに、教育活動における生徒たちの個性をどう考え、位置づけていくことが大事なのか。さらに教育における哲学と知識の役割と関連、道徳についても読み進めていきました。